ちゃんと洗顔していますか?キレイな肌には実は洗顔がポイント!

あなたはキチンと洗顔できていますか?美肌のためには洗顔がポイントだったんです。

夜はW洗顔でしっかり汚れを落とす

time 2017/03/22

洗顔は朝と夜の2回行っています。

朝は洗顔フォームは使用せず、水のみで洗います。

特に気をつけていることもなく、水を手にすくって3回ほど洗います。

タオルで拭くときはこすらずに、タオルでおしえて水を拭き取っています。

夜はしっかりとW洗顔をしています。

まずはクレンジングで化粧をきちんと落とします。

オイルタイプではなく、クリームタイプを使用しています。

オイルタイプは肌への負担が大きいと聞いたことがあるので、肌への負担が少ないクリームタイプを使っています。

手のひらに伸ばして、肌全体を優しく洗っています。

ゴシゴシこすらないように気をつけています。

クレンジングが終わったら、市販の洗顔フォームを泡だてネットで泡だてて、肌を直接こすらず、泡を肌の上で転がすように優しく洗っています。

泡だてずに顔を洗うと摩擦で肌に負担がかかると聞いたことがあるので、しっかりと泡だててから洗います。

小鼻や目元などは指の腹で優しく洗って、汚れが残らないように気をつけています。

泡を洗い流すときはシャワーなどで直接流さずに、手に水またはお湯をすくって洗い流します。

優しくしっかりと汚れを落とすことに気をつけています。

基本的には洗顔時は摩擦で肌に負担がかからないように、こすらずに洗うようにしています。

大事なのは洗顔、そのあと!

洗顔でいちばん大事なのは石鹸の種類?洗い方?いえ、肝心なのはそのあとなのです。

道具などは一切必要ありません。

わたしの洗顔のこだわりは、洗顔後タオルで顔を拭かないこと。

つまり、濡れた状態のまま化粧水をたっぷりとつけるのです。

濡れた顔のまま化粧水??と思うかたも多いと思います。

実際わたしも美容関係の友達に教えてもらったときは、え?と思いました。

半信半疑のままやってみると水で濡れた状態の肌に化粧水が馴染み自然に乾いていく過程でぐんぐん肌に浸透していくのがわかりました。

乾ききる前にまた化粧水をつけ優しく馴染ませる。

これを3回くらい繰り返す。

ただそれだけです。

特に乾燥がひどいときは、最初の化粧水のときにオイルを1.2滴落としてください。

オイルは手持ちのオイルでなんでも構いません。

最初のうちはつい癖でタオルで顔を拭いてしまうこともありましたが、いまではタオルドライしないのが普通になってしまいました。

洗い方に関しては、朝は乾燥肌のかたは洗顔料を使わず水だけで洗いタオルドライせずに化粧水をつけます。

必要な皮脂まで洗い落としてしまうのを防ぐためです。

洗顔料はなんでも構いませんが、ネットを使い丁寧に細かい泡をたくさんつくりこすらないようにやさしくマッサージするように洗顔後します。